データー修正やメールの処理

タイピングのスピードとミスを無くす練習

仕事の種類によりますが、平均して1分間に120文字程度の入力スピードがあると仕事の処理に役に立ちます。
コールセンターのように入力のスピードを要求される職種の場合はもう少し入力スピードが必要です。

自分のパソコンの入力速度を定期的にチェックしましょう。
タイプミスが無いようにする事と同時に、入力のスピードアップを目指す事が大切です。

ブラインドタッチを習得したり、ショートカットキーを把握する事で入力にかかる時間を短縮できます。
タイピングミスを無くす努力とあわせて注意をしましょう。

書類の作成をする際にミスがあるとやり直しが必要になるので時間がかかります。
決済やチェックをする方の手間と時間を減らす事がポイントです。

ファイルやソフトは掃除とアンインストール

パソコンで仕事をこなすスピードを上げるために費用なポイントは、ファイルやソフトの掃除を定期的にする事です。
自動的に掃除をしてくれる設定にしておくと便利です。

不要なソフトは自動的にアンインストールにしておく事により、仕事で使用するパソコンの動作がかなりスピードアップします。
最近パソコンの動きが遅いなと感じる方はこの方法が役に立ちます。
使用しないソフトを入れておくと更新に時間がかかったり、パソコンが重くなります。
パソコンの仕事で処理が速い方はこの点に注意をしています。
使用したりデーターを更新するのは仕事に関連があるものだけにしましょう。
時間の効率化になりパソコン入力の業務するうえでストレスが減ります。