仕事スピードを上げるパソコンの使い方

パソコンの基礎的な操作を覚えよう

テンプレートを利用

パソコンの基礎的な操作を覚える事で仕事のスピードが上がります。 基本的な操作をまずは覚えましょう。 タイピングの練習を短時間でも続ける事で、入力作業が多い方は仕事のスピードアップにつながります。 ショートカットキーを覚えたり、よく使う単語は辞書登録をしておきましょう。

基本的なパソコンの操作をまずは覚える

仕事のスピードを上げるパソコンの使い方の一つに、メールのテンプレートを使用する方法があります。
メールのテンプレートを使用すると、文章を入力する時間が短縮できます。
メールを作成する機会が多い方はこまめにテンプレートを見直しましょう。

ショートカットキーを覚えるとパソコンを使用した仕事のスピードが上がります。
上手にショートカットキーを利用する事で、余計な作業が減るからです。
少なくとも3つ以上のショートカットを覚えましょう。

タイピングの練習をするとパソコンを使用した仕事のスピードが上がります。
無料のタイピングゲームなどを利用しましょう。
楽しみながらタイピングの能力があがり、パソコンの入力業務が速くなります。
ブラインドタッチが可能な状態を目指す事がポイントです。

ファイルを見やすくしておくのは、パソコンで仕事を使用する方がスピードを上げるポイントになります。
必要なファイルがすぐに分かるように整理をしましょう。
フォルダーを小まめに作ったり、ファイルの整理をすると必要なファイルを見つけやすくなります。
不要なファイルを小まめに削除するようにしましょう。

仕事に必要なソフトの基本的な操作を覚えたり、便利な機能を把握しておくと効率よくパソコンの作業が進みます。
ソフトの中でも自分が苦手な分野で大切なポイントを克服するのがポイントになります。
周りと比較をしてパソコンの操作が遅いなどと感じる場合はマニュアルを見直すと良いです。

データー修正やメールの処理

データー修正やメールの処理が多い場合は、どのようにしたらこれらにかかる時間を短縮できるか検討をすると良いです。 受け取ったデーターに修正が必要な点がある場合は相手に注意を促します。 自分が起こしたミスで修正やメールのやり取りが多い方は慎重に書類を作成します。

パソコンのスキル以外に注目

仕事のスピードを上げるには、パソコンのスキル以外に仕事の流れや取り組み方を見直します。 パソコンのスキル以前に仕事の段取りが上手くいかないと効率が悪いからです。 周りと比較をして仕事のスピードが遅い方はこの部分に注目したり、仕事への取り組み方が大切です。